100年前にロシアで愛されていたチョコレートが神戸元町で復活!

100年前に人気を博していたロシアンチョコレートが神戸元町に復活!

今回紹介するのは元町中華街のすぐ近くにあるショコラティエ バラノフ (Chocolatier Baranoff)!

100年以上前の1907年に、「みんなに愛されるチョコレートを作りたい」と創業者のニコライ・バラノフ氏がロシアにチョコレート工場を設立。

その後、第一次世界大戦やロシア革命で終止符を打たれましたが、ひ孫にあたるショコラティエのニコライ・キルリ氏が曽祖父のチョコレートを復活することができないかと各地で様々な取り組みを10年以上に渡って模索し、ここ神戸に昨年2015年12月に復活オープンする事ができました。

メインはリキュール入りトリュフ!

ロシアといえばお酒のイメージも強いですが、同店ではヘネシーやウォッカ、ドンぺリなどのアルコールの強いものから日本酒やグランマルエ(オレンジリキュール)など、比較的アルコール度数の低いものも販売しています。

さらにどうしてもアルコールが苦手という方には、アルコールやリキュールの入っていないトリュフも販売しています。

テイクアウトもできますが、イートインスペースも完備しているので、その場で頂く事もできます。

席数はテーブル2人×3席とそこまで広くはありませんので、カフェの様に長居するのは少し難しいかと思います。

フランボワーズ(420円)
ゆずリキュール(420円)
バーボン・ウイスキー(420円)

トリュフは1粒単位で購入する事もできますし、その場で食べる事もできます。

フランボワーズやゆずは、比較的アルコール度数も低く、食べやすいです。

バーボン・ウイスキーはかなりアルコール度数が高くて大人の味わい!

どっしりとした香りが先行して、後からチョコレートの甘味とのマリアージュが美味しい一品ですよ。

ホットチョコレート(620円)

こちらはイートイン限定のホットチョコレート(ショコラショー)です。

濃厚なチョコレートの味わいに、ヘーゼルナッツを連想させる少しナッティーな香りのするもので、個性的な味わいを楽しめます。

傍に添えられているオレンジピールが何気に美味しかったです。

100年も前に日本から遠く離れたロシアの地で人気を博し愛されていたチョコレートが、ここ神戸で見事に復活し食べられる様になりました。

旅のお供に、人とは違う自分だけの神戸土産として、一度訪問してみてはいかがですか?

ショコラティエ バラノフ (Chocolatier Baranoff)
兵庫県神戸市中央区栄町通3-6-16 1F
078-599-9733
11:00~20:00
定休日 無休
公式facebook https://www.facebook.com/baranoffsweets/

スイーツハンター月ウサギ

スイーツハンター月ウサギ1日2スイーツを10年継続

投稿者の過去記事

初めまして、スイーツハンター月ウサギです。
1日2スイーツを10年以上に渡って継続しているスイーツブロガーです。

美味しいスイーツがあれば全国どこへでも!がモットーで、隠れた絶品スイーツ求めて全国を飛び回る美味しくて甘い日々を過ごしてます。

ハントしたスイーツは月ウサギの食べ日記で毎日更新中。
「スイーツハンター月ウサギの食べ日記」
http://sweetshuntertsukiusagi.blog.jp/

PAGE TOP