六本木一丁目「格之進F」で、門崎熟成肉と牡蠣のマリアージュを堪能!!

東京メトロ南北線の六本木一丁目駅から直結、徒歩1分の駅近

東京メトロ南北線の六本木一丁目駅から直結、徒歩1分ほどのアークヒルズサウスタワーの地下一階に「格之進F」はありました!!

駅から直結なので、雨の日でも便利ですね…。

お店の前には、熟成肉の塊がずら~っと…。いや~、めっちゃテンションあがりますぅ…。

お店では、山盛りの牡蠣がお出迎え!!

今日のお目当ては、特別メニューの「門崎熟成肉と牡蠣のコース」!!

山盛りの牡蠣が私たちを出迎えてくれました!!

今日の牡蠣は、佐賀県の糸島生まれのアメリカのワシントン州にあるピュージェット湾育ちの牡蠣とのこと…。

牡蠣あけ師の方が、目の前で手際よく、牡蠣を開けていきます。

まずは、ヴーヴ・クリコで乾杯!!

さぁて、参加メンバーが全員集まり、まずは、ヴーヴ・クリコで乾杯!!

格之進の千葉社長から、門崎熟成肉と牡蠣のマリアージュについてのお話をお聞きしました。

海のアミノ酸の塊である牡蠣と、大地のアミノ酸の塊である熟成肉をコラボさせることによって、「海のアミノ酸」×「山のアミノ酸」の掛け算を味わうことができるとのこと…。

千葉社長の熱い想いに、門崎熟成肉と牡蠣のマリアージュに期待が高まりますぅ…。

門崎熟成肉と牡蠣のタルタル キャビア添え

門崎熟成肉の上に、牡蠣とキャビアが!!何の調味料も使っていないのですが、牡蠣の味わいに、キャビアが味をひきしめて、めちゃ美味で~す!!

生牡蠣盛り合わせ

やっぱり牡蠣といえば、生牡蠣を!!めっちゃ、ミルキーで、ジューシーで、口の中に幸せが広がりますぅ…。

生牡蠣には、日本酒を!!

松岡醸造の「やま武蔵 笠山」、辛口でフレッシュで牡蠣に合いますねぇ…。そして、このお酒は、お肉の旨味と合せるのにも、ぴったりです!!

門崎熟成肉 湯引きサラダ じゅうねと牡蠣のソースで

ランプの湯引きは、じゅうね(えごま)と牡蠣のソースで、サラダ仕立てで!!

門崎熟成肉ローストビーフ 炙りオイスターソース

軽く炙った牡蠣をローストビーフで巻いていただきます。
食べると、ローストビーフのお肉の味わいと、牡蠣の味わいがミックスされて、めっちゃ美味~い!!

これは、やばいっす!!

次の泡は、カロリナ・デ・マサックス

36ヶ月熟成のスパークリングワインは、淡麗辛口で、牡蠣にぴったりですね!!

牡蠣とかさいさんちの有機ほうれん草ポタージュスープ ~海水とミルクのカプチーノ仕立て

ほうれん草の優しいお味のスープの中に、牡蠣が丸ごと入っていています。

60日熟成の巨大なサーロインの肉塊が登場!!

ここで、60日熟成の巨大なサーロインの肉塊(約15kg)が登場!!めっちゃテンションがあがりますぅ…。

今日は、こちらのお肉をLボーンステーキでいただきます。

門崎熟成肉Lボーンステーキ 生牡蠣

めっちゃでかいLボーンステーキと生牡蠣がド~ンと出てきて、すんごいインパクト!!

ステーキの上に、生牡蠣を載せていただくと、ウマウマっす!!これは、めっちゃ贅沢な味わいですぅ…。

熟成肉の牛脂と牡蠣で作ったガーリックライス

今日の〆は、熟成肉の牛脂と牡蠣で作ったガーリックライス。牡蠣の味わいが、沁み込んでいます。

いや~、門崎熟成肉と牡蠣のマリアージュを堪能させていただきました!!牡蠣とお肉がこんなに合うなんて、全く想像していませんでした…。

まさに、「海のアミノ酸」と「大地のアミノ酸」の掛け算ですね!!

店舗概要
店名 格之進F
住所 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー B1F
電話番号 03-3505-0298
食べログ http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13164222/

飲みニスト

飲みニスト1日3~5軒の飲み屋を飲み歩く飲み職人

投稿者の過去記事

京浜東北線沿線(特に、新橋~蒲田ゾーン)を日々飲み歩く飲み職人「飲みニスト」。とにかく、はしご酒が大好き!!1日3~5軒のはしご酒は当たり前、飲み友達を誘っては、各地で飲みツアーを繰り広げる。

PAGE TOP