多くの文化人、有名人の家がある高級住宅地 東京都大田区・田園調布を歩く

イギリスの田園都市構想を参考に開発

今回は、東京のみならず日本が誇る高級住宅地・田園調布を歩きます。

さて、セレブの老舗とも言われる大田区田園調布。かなり前ですが、星セント・ルイスの「田園調布に家が建つ」というネタも一世を風靡しましたね。そのネタだけで、星セント・ルイスが田園調布に家が建ったかどうかさだかではありませんが…。

実は、私の家は、その田園調布を通過する沿線にあるのですよ。うちの近所の駅から田園調布まで乗車時間にして10分ほど。しかし、田園調布と私の住む町との間には、グランドキャニオンの大渓谷かマリアナ海溝か、というくらい深い精神的な溝があったりするのです。感覚的には、ヨーロッパの格式ある小国に感じられますね。

今日は、その近くて遠い国、田園調布近郊を久しぶりに歩いてみようと思いました。ウォーキングのスタートは、東急線の田園調布駅。

今は、地下駅となっていて、屋上が緑化されているみたいですね。駅前広場は、中世ヨーロッパの地方都市の佇まいが感じられました。広場の階段を上がると、瀟洒な建物が…。

実はこれは昔の駅舎を復元したものだそうです。そういえば当時、この小ぶりな駅舎が田園調布のシンボルのひとつでしたね。この街の起こりは、1924年に田園都市会社が「田園都市多摩川台」として分譲を始めたことによるのだとか。イギリスの田園都市構想を参考に近代的に開発された住宅地を作ろうと提唱したのは、明治財界の大御所、渋沢栄一。その息子の渋沢秀雄が、都市計画と設計を担当して今日の田園調布の基盤ができたのですな。

確かに、昔の駅舎は、英国の田園風景に似合いそうですね。私が子供の頃は、へんてこりんな駅だな、というくらいの認識でしたが…。

田園調布の街の特徴といえば、まず駅の西側に放射状にのびる並木道。その扇形をよぎる円環状の道路によって区画整理された町並みでしょうか。

下町と高級住宅地、どっちが住みやすい?

ケンタッキーの店舗もシックな色合いで上品な雰囲気。メガネをかけて太ったおじさんはいませんでした。

並木道には、冬で裸になったイチョウの古木が上品に並んでいます。高級住宅地としての落ち着きが感じられますね。

ところが、そのセレブなたたずまいが、私にとっては、王様の舞踏会に紛れ込んでしまったシンデレラのような気分になるのでした。下町で育った人間にとって、看板も、電柱広告も、コンビニもない町並みというのは、逆に落ち着かないですね。

私事で恐縮ですが、うちの近所は商店街がどこまでも長く続き、5店舗以上あるスーパーが価格競争にしのぎを削る。コンビニや100円ショップも過当競争で出店しては潰れる状態。駅を降り立つと、パチンコ屋や雀荘のティッシュ攻撃で、ポケットティッシュを買ったことは一度もない。おお、なんて住みよい街なのじゃ。

実際歩いてみると、田園調布には起伏が結構あるし、駅前にささやかにある商店を除けば、買い物ができる場所がほとんどない。お屋敷の前には、定番の飲料の自販機も置いてありませぬ。うちの近所は、少しでも住宅ローンの穴埋めにしようと、個人宅の玄関前にずらっと飲料の自販機が並んでいるのですが…。

行った日は、冬なのに三月下旬とも言われる陽気でした。直射日光がすごく汗ばむくらいだったので、持って来たペットボトルのお茶をすべて飲んでしまったのです。 のどがカラカラなのに、喫茶店はおろか飲料の自販機もない。今やどんな過疎地へ行っても、飲料の自販機がありますよね。それがないことが、田園調布の格式を高めていると思いますが…。

しかし、のどが渇いている人間にはたまりませぬ。まさに、砂漠でオアシスの水を求める旅人の気分。野垂れ死にしたら、なぜ、田園調布に縁もゆかりもない男がここにいたのか、と新聞記事になるのではないかと思いました。身辺調査も行われたりして。

…と僻みつつ考えてみても、田園調布はそんな一般人の価値観など超越して、日本のお屋敷街の頂点に屹立しているのかもしれませぬ。実際は、駅にスーパーもあるし、御用聞きや食材の宅配があるから問題ないのかも。

多くの文化人、有名人の家がある

さすが屈指の高級住宅街だけあって、どの家も小学校の体育館並みの敷地面積があります。

あとで田園調布に住んでいる人たちをネットで検索してみたんですよ。まず有名なのは、長嶋茂雄氏。それからなぜか、野村元監督も田園調布にお住まいなのですか。仲が悪いと評判なのに、なんか、意外っす。とすれば、もちろんサッチーも?

それから、石原元東京都知事に中井貴一、五木ひろし、小林よしのりなどもお住まいになっていらっしゃるのだとか。小林よしのりが「東大一直線」でデビューしたときは、田園調布に住むような大物になるなんて思いもしなかったです。エイベックス・グループ・ホールディングスの社長も、総工費40億円とも言われる大邸宅を田園調布に建てたらしいですよ。

歩いていると、大豪邸から、お嬢様が一人二人とお出ましになります。学生さんですかねぇ。白鳥麗子さんみたいな格好かと思いきや、皆さんジーンズにコートといったラフなお姿が意外でした。これでは、街中にまぎれてしまうとお金持ちか、そうでない人か、見分けるのが難しいかも。

それはともかく、歩いていて気付いたのですが、意外と電線が多いのですよ。一説によると、「電線調布」という異名もあるのだとか。

電線が多いのは、東京では珍しくないのですが、道幅が広く、それぞれのお屋敷の敷地面積が広いので余計目立つのですな。うちの近所は、小さな家が建て込んでいるので、あまり上を見ることがない。だから電線のことを意識しないで歩けるメリットがありまする。

そんな神をも恐れぬ対抗意識を燃やしながら最初の目的地、宝来公園に到着。

カモもセレブに見えてしまう宝来公園

宝来公園は、田園調布を開発する際に、都市計画の一環として整備されたのだとか。小学校当時から何度も来たことがありますが、樹木が多く起伏に富んだ変化が楽しめますね。

ちょっと麻布にある有栖川公園に似ている雰囲気。そういえば、あちらも都内有数の高級住宅地なのでした。

小ぶりな池もあって、カモが気持ちよさそうに日向ぼっこをしていました。どこにでもいるカモなのに、ここが田園調布だと思うと、何となくセレブに見えてしまいます。

田園調布には都内有数の古墳群がある

宝来公園からさらに坂道を登ると、多摩川台公園に着きます。ここの中には、「田園調布古墳群」と呼ばれる都内有数の古墳群があるのですよ。

古墳の大きさで言うと、1位が以前ブログで紹介した芝丸山古墳。しかし、2位、3位、5位がここにあることから考えると、古代ではこのあたりが今の都心より栄えていたのかも、と思えるのです。

西北端にある3位の宝莱山古墳は、「前方部」が削られて現在は「後円」の部分しか残っていないのが残念でした。でも、古墳のくびれ部分が遊歩道になっており、古墳に上がれるのがうれしいですね。

2位の全長107m亀甲山古墳は国の史跡で、保存状態は良好。ただ、逆に周囲に柵があって中に入れない点がデメリット。そして、これら二つの大きな前方後円墳の間に、小さな古墳が直線上に並んだ景観もなかなか興味深いですね。

これらの古墳群は、資料によって「田園調布古墳群」と呼ばれたり、「多摩川台古墳群」と呼ばれたりその違いがよくわかりませぬ。個人的には、東急線の田園調布駅に近い古墳が前者で、多摩川駅に近い古墳が後者にしてくれるとわかりやすいのに、と思いました。実際は同じで、呼び方だけが違うのだと思いますが…。

永嶋 信晴

永嶋 信晴ビジネス便利屋兼ウォーキングライター

投稿者の過去記事

東京生まれ。早稲田大学および日本大学卒業。地方銀行に約十年間勤務した後、各種業務代行会社を設立し独立。趣味はウォーキングで、各地の名所旧跡を歴史的、あるいはオヤジ的な見地から訪ね歩く。司馬遼太郎とBS旅番組のファン。著書は、「新規開拓営業の教科書」(青月社)、「ハッスル老健」(ゆまに書房」など多数。

PAGE TOP