鎌倉・源氏山で3つのご利益パワースポット!

鎌倉駅から徒歩約20分の場所にある標高93mほどの小高い丘が『源氏山』で、現在は《源氏山公園》として整備されています。

この源氏山周辺には、出世運の佐助稲荷、金運の銭洗弁天、そして縁結びの葛原岡神社と3つの神社で3つのご利益のあるパワースポットがあります。旅と開運を兼ねて源氏山とトリプルスリーを巡ってみるのはいかがでしょか。

源頼朝所縁のシンボル「源氏山」

通称八幡太郎こと源義家は、鎌倉幕府の源頼朝、室町幕府の足利尊氏などの祖先であることから武士の神様として崇められました。その義家が奥州征伐の際に戦勝を祈願して源氏のシンボルである白旗を立てたのがこの丘であったことから『源氏山』と呼ばれました。

この源氏山には、公園のシンボルとして義家から4代目の《源頼朝像》があり、周りは芝生となっていてファミリーで賑わいます。春の桜、秋の紅葉は見事で多くの観光客が訪れる公園です。

出世運・仕事運に効く「佐助稲荷神社」

伊豆に流されていた源頼朝が、幼少期の頃夢枕に立った稲荷神のお告げによって平家を打倒し、その御礼として建立したのが『佐助稲荷神社』です。稲荷様は五穀豊穣などのご利益がありますが、ここは頼朝の由来から出世運・仕事運が向上する神社として有名になりました。

参道の石段に並ぶ朱色の鳥居が印象的で、現在では、白狐のご利益として縁結びのご利益も人気で、更に映画「海街diary」のロケ地としても人気に拍車をかけています。

お金が二倍になる「銭洗弁財天」

佐助稲荷同様、『銭洗弁財天』は頼朝の夢枕のお告げに従い湧水を発見し、そこに社を建立たのが開基で、その後、北条時頼がこの霊水で銭を洗って祈願したのが銭洗いの始まりでした。周囲を崖が覆っているので境内にはいるにはトンネルを潜ります。潜った先の更なる洞窟の中で銭洗い用のざるに入れた硬貨や紙幣を入れて銭洗水で洗うのです。

まさに秘密基地のような趣の中で、洗ったお金が2倍になるといわれていパワースポットなのです。

縁結びのエキスパート「葛原岡神社」

鎌倉幕府の倒幕を計画して、この場で処刑された日野俊基を祀ったのが『葛原岡神社』の始まりですが、二宮尊徳の邸内にあった楠から掘られた良縁の神様・大黒様を祀ったことから、現在は縁結びの神社として人気が高まりました。

平成22年に大黒様を《男石》《女石》に迎えたことから縁結びのご利益に拍車がかかり、《縁むすび絵馬》《縁結び鈴・縁結び御守》《さくら貝御守》《恋みくじ》という縁結びのフルコース神社となっています。

名所“鎌倉七口”の一つ「化粧坂切通し」

《鎌倉七口》と呼ばれる切通しの一つが『化粧坂切通し』。源氏山から紅葉で有名な海蔵寺に向かう坂道で、新田義貞が鎌倉幕府を討幕した時に使用した3つの切通しの一つで史跡です。

200m位の短い坂道ですが、結構急なので源氏山に登るにはちょっと大変かもしれません。また下りの場合、雨の後は滑りやすいので注意が比喩様ですが、歴史を体験するのはとっても良い場所です。

3つの神社で3つのご利益

それぞれが観光名所として名高いパワースポットですので、是非、そのパワーに触れてみてください。きっとあなたにもご利益を授けられることでしょう。

カテゴリー:神奈川

神奈川の夜行バス情報

大阪発

大阪着

PAGE TOP