名古屋で紫色の極厚パンケーキを発見!カフェレストラン ワイズ(Y’s)のウベパンケーキ!

思わず写真を撮りたくなるパンケーキ

スイーツハンターとして全国のパンケーキを食べ歩いてきましたが、ここまでビビッドなパンケーキに出会ったのは衝撃的でした!

思わずカメラを手にし、一心不乱に写真に収めたくなるパンケーキ。

原材料は何か?どこのお店で提供しているのか?気になる事ばかりです。

お店は名古屋にあった

名古屋市営地下鉄鶴舞線「大須観音駅」から徒歩1分の所にある「カフェレストラン ワイズ(Y’s)」で、こちらのパンケーキが提供されています。

JR名古屋駅から行く場合は、まず地下鉄桜通線に乗り、丸の内駅で下車、そこから地下鉄鶴舞線に乗り換えて2駅目の大須観音駅で降りるか、名古屋駅から地下鉄東山線に乗り、伏見駅で下車、そこから地下鉄鶴舞線に乗り換えて1駅で大須観音駅に到着するルートの2路線あります。

乗り換え時間なども考慮しても最短で8分、遅くても20分以内には到着できます。

パンケーキがメインのカフェ

ランチなどの食事もありますが、比較的パンケーキが多くて女性を中心としたカフェ使いに適したメニューが豊富です。

看板に記載されてる以外にもパンケーキを提供していて、その日によって食べたいパンケーキを選択するだけの種類はあります。

店内は木目調をベースにシックな店内で、比較的年齢層が高めな方でもゆったりと落ち着いて食事ができます。

さらに小さなお子さん連れのママさんには朗報ですが、店内奥にキッズスペースがあり、お子さんはそこで遊ばせる事ができます。

そして、お子さんを遊ばせながらそこで食事もできるので、このスペースは常に賑わっていますよ。

気になる紫色のパンケーキの正体はウベ

ウベとはフィリピン産の芋の事を指し、フィリピン語でだいじょ(紅山芋)を意味します。

よく沖縄で定番の紅芋と混同されがちですが、紅芋はサツマイモの紫色の品種の事を指し、ウベは山芋の一種になります。

色が似ているので混同されがちなのですが、ルーツを辿れば似ている様で全くの別物と言えますね。

焼き上げるのに20分はかかる

注文を受けてからメレンゲを混ぜ込んで生地を焼き上げていくので、どうしても時間はかかってしまいます。

さらに最近はテレビや雑誌などのメディアにも取り上げられて、このパンケーキを目当てに行く人も増えたので、より時間がかかる恐れもあります。

けれども時間がかかっても食べたいパンケーキの魅力とは

魅力は何といってもこのふわっふわな食感!

メレンゲをたっぷり含んでいるので、口の中に入れた瞬間にシュワ~ッととろける食感がヤミツキになります。

そしてソースだけでなく生地にもウベを使用しているので、ウベの旨みを存分に堪能できる味わいも魅力的ですね。

生地自体もほんのり紫色になっているので、見た目にも珍しいのも大きいです。

ココナッツの香りも楽しめるパンケーキ

ウベと共にソースからは濃厚なココナッツの香りも楽しめます。

ウベとココナッツミルクを使用した自家製ソースは、天然由来ながらも驚くほどビビッドな色合いと濃厚な味わいが秀逸。

ハワイ発という事で南国の代名詞でもあるトロピカルなココナッツの香りもしっかりと楽しめて、かなりボリュームある味わいを堪能できますよ。

気になる値段ですが、単品で1382円となっております。

パンケーキにしては少し高めな設定ですが、ここでしか味わえない希少性を考慮すると、決して高すぎない価格ともいえます。

7月には三軒茶屋に姉妹店をオープンする予定で、関東でもウベパンケーキが食べられる様になるとの事ですが、現在は名古屋にある本店のみなので、名古屋に行く際はぜひ。

カフェレストラン ワイズ(Y’s)
愛知県名古屋市中区大須1丁目7-26
052-228-7780
11:00~16:30(L.O.16:00) 18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 日曜日・祝日

スイーツハンター月ウサギ

スイーツハンター月ウサギ1日2スイーツを10年継続

投稿者の過去記事

初めまして、スイーツハンター月ウサギです。
1日2スイーツを10年以上に渡って継続しているスイーツブロガーです。

美味しいスイーツがあれば全国どこへでも!がモットーで、隠れた絶品スイーツ求めて全国を飛び回る美味しくて甘い日々を過ごしてます。

ハントしたスイーツは月ウサギの食べ日記で毎日更新中。
「スイーツハンター月ウサギの食べ日記」
http://sweetshuntertsukiusagi.blog.jp/

PAGE TOP