宝塚温泉を歩く5:ポケモンゲットだぜぃ〜♪ 宝塚のポケストップ巡り!?

世界&国内ちまたに超話題の「ポケモンGO」、22日公開と同時にインストールしてみました。事務所やるとちょっと恥ずかしいので、翌日の土曜日、自宅でやってみました。

自分の部屋にポケモンが現れる〜なんて面白いだろなぁ〜と思ってアプリを起動したものの、いくら待てど暮らせど現れず? スマホ画面には、自宅近所にポケストップというポイント2つあるよって現れるものの…そうだ人が集まるプチ観光地の阪急宝塚へ行ってみよう…って、ちょっと強引なプロローグであります。

生ちゅーモニュメント?

愛車を蹴ってまずは宝塚南口駅前へ〜おおおいるいる〜♪ 駅前をぐるっと回って武庫川にかかる宝塚大橋へ〜。

でで、ん、橋の近くに「生」ってポケストップがスマホ画面に出てくる。まさか「生ちゅーの碑」ではないだろうね、と橋のたもとのポイントへ。行ってみるとステンレスで作られた「生」の漢字モニュメント、実は阪神淡路大震災復興のオブジェで「再生」を表現した作品でした。

橋の上の彫刻たち

宝塚大橋の上にある彫刻たち、スマホ画面でみたら全てポケストップに。これって著作権違反やないのかな、と自分の商売的な疑問が湧いたのでネットでチェック。彫刻などの立体作品は、360度、上からも下からも右に左からみる3Dの作品なんで、その一面のみを撮ってメディアに載せても著作権違反にならないとの解釈らしい…さきほどのモニュメント作品もしかりなのね。

手塚治虫記念館はジム!!

宝塚大橋を渡ると正面にあるのが宝塚市立手塚治虫記念館。このゲームの制作者達が、漫画の神様・手塚先生に敬意を示して何かしらのポイントになっているかなぁ〜とスマホの画面を見たら、おお、ポケモンジムとポケストップに設定されているわ〜♪

残念ながら手塚キャラは…

宝塚大橋から花の道の歩道に手塚治虫キャラのカラータイルが貼込まれているんですが、先程、彫刻のところで書きましたが、立体でなく平面の複写や撮影は著作権違反の対象になるので、ポケストップの画像に使えずでなんの設定にも活用されていないんでしょうね。手塚ファンとしては、ちょっと残念のような気もしますが….。

え!?屋上のお稲荷さん?

花の道でポケモンや道具をゲットしながら駅前の商業施設「ソリオ」へ。ここで宝塚温泉を歩く4で紹介した「元祖やきもちとクルミ餅」を買うものが常なんですが、なんか買うたびに小さくなっているような感じがします…。

でで、ポケストップにお稲荷さんが登場! え、これってたしかソリオの屋上に鎮座するお稲荷さんのお宮ではないの!? あんなところを知っているなんて、ポケスポットを設定している連中って相当な街中徘徊マニアか!?ちょっと驚きであります。

最後にでハル*カフェで茶しばきしました〜♪※

食べログで「宝塚南口駅から徒歩2分。歌劇からは徒歩7分。オシャレな隠れ家カフェ&バル♪♪」と紹介されている「ハル*カフェ (haru*cafe)」でお茶して帰りました。このお店、非常にリーズナブル&そこそこ美味しいのですが、店内は女性ばっか、おやじ1人ではやや恥ずかしいのであります。※茶をしばく=神戸の方言で「お茶をする」の意味。

電車でGOで楽チンゲット

電車に乗ってゲットできるかな〜と思い後日、通勤途中にやってみました。駅や沿線にポケスポットが点在するので各駅ごと、座ったままでポケモン&モンスターボールゲット〜こら楽チン&安全であります。スピードの遅い路面電車や路線バスでやるともっといいかもね。あ、今、阪急電車で手塚治虫先生のラッピング電車が宝塚線を走ってます。ちなみに神戸線は、わたせせいぞうさんのラッピング電車です。

最後に〜もしかすると「ARで見えないって方に」…残念ながら私の格安フリーSIMスマホに「ジャイロスコープ(ジャイロセンサー)」という機能が入っていないのでAR機能が使えず実際の世界でポケモンを捕まえるような体験ができないのです。ちょっと残念でありますが充分愉しめましたですよ。

rojii

rojii銀輪&徒歩での低速徘徊を人生の糧とす。

投稿者の過去記事

3歳の頃より気ままにブラ歩き、母を激怒させ、6歳で銀輪の味を覚え、13歳にして銀輪無限地獄に堕ち、そのまま年を重ねもうじき還暦。三つ子の魂百まで、野良道、山道、路地道を写真機持って日夜低速徘徊。怪しきモノ、珍なるモノ、コナレタモノ達と出会う事を活きる糧にしております。

PAGE TOP