神戸を代表する巨大スタジアム!ユニバー記念競技場

ユニバーシアードのために造られたスタジアム

ユニバー記念競技場は、正式には神戸総合運動公園陸上競技場と言い、国際陸上競技連盟(IAAF)のクラス1種認証を受けています。1985年に神戸市で行われた夏季ユニバーシアード(大学の国際大会)のために造られた競技場で、収容人員数は45,000人(完成当初は60,000人)を数える神戸最大のスタジアムです。関西では単に「ユニバ」と呼ばれていますが、最近ではUSJが同じ呼び方をするようになったので、ややこしくなりました。

神戸と言っても、神戸総合運動公園は海ではなく山の手にあり、同じ公園内にはプロ野球も行われるほっともっとフィールド神戸があります。神戸総合運動公園の地下には山陽新幹線が走っており、ユニバー記念競技場の近くには新幹線がちょっとだけトンネルから抜けるスポットがあって、その上を地上に出た地下鉄が走るという珍しい構造になっています。

奥にあるのは山陽新幹線のトンネル。手前の線路は神戸市営地下鉄

球技も行われるユニバー記念競技場

ユニバー記念競技場は陸上競技だけではなく、球技も盛んに行われています。サッカーJリーグのヴィッセル神戸がかつてホームスタジアムにしていました。現在ではノエビアスタジアム神戸をホームスタジアムにしていますが、それでもユニバー記念競技場で年に数試合はホームゲームを行っており、しかもノエビアスタジアム神戸の芝生の状態が良くないということで、ホームスタジアム再移転の噂がありました。

また、女子サッカーのなでしこリーグのINAC神戸レオネッサもホームゲームを行っており、ノエビアスタジアム神戸と並ぶ神戸の二大サッカー聖地と言えるでしょう。

サッカーだけではなく、アメリカン・フットボールやラグビーなどの他の球技も盛んに行われており、アメフトでは国際試合もよく開催されていました。筆者は、関西学院大学と南オレゴン州立大学がユニバー記念競技場で試合をしたのを憶えています。

ラグビーでは、トップリーグの神戸製鋼コベルコ・スティーラーズがホームゲームを行います。今年(2016年)の開幕戦は、ユニバー記念競技場で8月27日の17時からNTTコミュニケーションズ・シャイニングアークスと戦います。

神戸最大のキャパシティを誇るユニバー記念競技場

ユニバーシアードの記念碑

1985年の夏季ユニバーシアードでは、世界中からアスリート大学生が神戸に集いました。その時の記念碑が、ユニバー記念競技場の近くに飾られています。ユニバー記念競技場へ行った際には、そのモニュメントもぜひ見てください。その時に出場した選手名などが彫られています。

ユニバーシアードのモニュメント

また。神戸総合運動公園には体育館のグリーンアリーナ神戸テニスガーデンなど、他のスポーツ施設も揃っています。

ユニバー記念競技場へのアクセス

ユニバー記念競技場へは、神戸の中心街である三宮駅から神戸市営地下鉄の西神・山手線に乗って約21分、総合運動公園駅で下車すると、徒歩約5分の所にあります。新幹線の駅がある新神戸駅からも、同線に乗って約24分で着きます。いくら新幹線が真下を通っていると言っても、新幹線から飛び降りるわけにはいきません(笑)。

また、広大な駐車場を備えており、普通車では1日500円とリーズナブルなので、車での来場が大変便利なスタジアムと言えるでしょう。大阪および三田方面からは阪神高速31号神戸山手線の白川南インターで降りて西へ約5分、姫路方面からは阪神高速7号北神戸線の布施畑西インターを降りて南に約3分で着きます。

それでは、陸上競技にサッカー、ラグビー、アメフトなど、あらゆるスポーツをユニバー記念競技場で堪能しましょう!

フルカラーLED表示、ユニバー記念競技場のアストロビジョン

安威川敏樹

安威川敏樹スポーツを中心とするライター

投稿者の過去記事

大阪府在住。作業関連機器の設計から、スポーツを中心としたライター・コラムニストに転身。野球雑誌等に寄稿の他、電子本に野球小説を執筆。野球の独立リーグでの公式記録員の経験あり。野球以外では、ラグビー雑誌にも寄稿。モットーは「文字をオモチャにして遊ぶ」。

PAGE TOP