女神が降臨した沖縄「久高島」でカベール岬に行こう

沖縄創世の女神が降臨した場所、それが沖縄「久高島」です。この島は沖縄本島で有名な世界遺産「斎場御嶽」において、三庫理の先の拝所から手を合わせる島です。その理由は沖縄の創世神、アマミキヨが降りた場所が久高島であり、沖縄の歴史において、最も大切な島となっているからです。今回はこちらの島を、ご紹介します。

久高島へ行こう


沖縄県南城市の安座真港から、フェリーを使って久高島に渡ります。フェリーは二種類ありどちらを使ってもかまいません。「高速船ニューくだかⅢ」は約15分で移動、「フェリーくだか」は約20分となっています。

徳仁港へ


時間は短いながらも楽しい船の旅。フェリーは6.8km離れた久高島の南にある徳仁港に向かいます。ここに一つの伝説が残されています。久高島の祖先とされる百名白樽(ひゃくなしらたる)夫婦が渡島してきて住んだ場所と言われ、今では外間殿という場所で祀られています。さりげなく通る場所にも古い伝説があるのです。

黄金伝説の「伊敷浜」を歩く


「伊敷浜」にも百名白樽夫婦の伝説があります。この場所で、夫婦は豊かな食物と子孫繁栄を祈願したとされるのです。すると不思議なことが起こります。沖から黄金の壺が流れて来るのです。壺を何度取ろうとしても再び戻されてしまいます。そこで夫婦は川で身を清め、白衣に着替えて浜で待ちました。すると今度は黄金の壺を取ることが出来たのです。中には七種の種が入っており、そこから島は豊かになったというのです。


美しい浜では様々なものを見つけることが出来ますが、島からは物を持ちださないというのがルールですので、節度ある行動を心掛けましょう。

星砂のウパーマ浜も美しい


日本では様々な場所に星砂がありますが、ウパーマ浜の星砂は特に有名です。一面の白い浜から星砂を探す時間は、大自然の中での癒しの時間となるのではないでしょうか。

色鮮やかな久高島

島の様々な場所で、草花を楽しむことが出来ます。


あちらこちら眺めながらゆっくりするのが沖縄らしい時間の過ごし方です。

美しき一本道


カベール岬に続く一本道はその美しさが有名な場所。ここを一気に抜けてしまうのはもったいないのです。少し速度を緩めて、この雰囲気をじっくりと楽しんでみて下さい。

そして女神が降りたカベール岬


久高島の中で女神が降り立った場所。それが「カベール岬」です。徳仁港からもっとも遠い場所となりますが、ここまで来ませんと、久高島に来たとは言えない程、重要な場所です。

この地に降りた女神は島の大きさを棒で計りますが、想定よりも小さかったということから、その後沖縄本土に移ったとされます。そして国始めとして7つの「御嶽」を造りますが、その最初が冒頭の「斎場御嶽」となります。

女神が沖縄に降り立った最初の地。歴史に思いを馳せながら大自然を楽しみましょう。

最後に


徳仁港付近には複数のレンタサイクル店があります。島は歩いての観光も出来ますが、時間を短縮したい方は自転車で観光するのが便利です。これを機会に沖縄創世伝説の「久高島」に、足を運んでみませんか?

南城市役所
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/

大里康正

大里康正旅ライター・写真家

投稿者の過去記事

47都道府県を旅すること既に3周。さらに旅は継続中。複数のカメラを使い分けて、各地域での感動、美しさ、美味しさ、様々なことをお伝えしていきます。

PAGE TOP