「真田丸」の終焉・大坂夏の陣の火蓋を切った”道明寺の戦い”!~誉田編

大坂夏の陣”道明寺の戦い”第二幕

前回の「小松山編」からの続き。

1615年5月6日の未明から始まった小松山の戦いで、孤立無援状態だったため小松山(現:柏原市)から後退を余儀なくされた豊臣軍後藤隊を、徳川軍道明寺(現:藤井寺市)近くの石川まで追って来ました。

昼前になって豊臣軍はようやく薄田兼相(薄田隼人)明石全登山川賢信らが到着、それでも豊臣軍7千に対して徳川軍は2万以上と、圧倒的不利な状況には変わりありませんでした。しかもまだ、真田信繫(真田幸村)の姿はありません。

小松山から追って来る徳川軍を、石川で豊臣軍が迎え撃つ。しかし幸村はまだ到着していない

「橙武者」汚名返上

そんな中、薄田兼相は一歩も引かずに大奮闘しました。薄田兼相と言えば、半年前の大坂冬の陣では戦闘中に遊女屋へ泊まり込むという大失態を演じ「橙武者(見掛け倒しの意味)」などと罵られていたのですが、それを補って余りある善戦ぶりでした。しかし、武運つたなく討ち死に、豊臣軍はまたしても優秀な武将を失います。

薄田兼相の墓は、近鉄南大阪線の道明寺駅から徒歩約15分、旧・国道170号線から畑や民家がある畦道に入った所にあります。

畑や民家の一角にひっそりと建つ、薄田兼相の墓

遂に激突、真田幸村vs伊達政宗

豊臣軍は誉田(現:羽曳野市)まで後退しましたが、正午頃になって幸村がようやく到着しました。最後の切り札の登場により、豊臣軍は立て直しを図ります。

一方の徳川軍は、主力部隊を指揮する”独眼竜”伊達政宗が迎え撃ちました。真田幸村と伊達政宗、共に大河ドラマの主役を張った戦国武将のスーパースターが激突したのです。

こうして誉田の戦いが始まりました。午前中に行われた小松山の戦いと、午後の誉田の戦いを総称して道明寺の戦いと呼びます。伊達隊の先鋒である片倉重長(片倉重綱)隊の鉄砲が、真田隊に向けて一斉に火を噴きました。しかし、真田隊からの反撃はありません。

真田幸村と伊達政宗が激突した誉田周辺

作戦成功と見た片倉重長は真田隊へ一斉に雪崩れ込みましたが、そこでとんでもない目に遭うことになります。土手に隠れていたために被害の無かった真田隊は、片倉隊に射撃を集中させ、片倉隊は大混乱に陥りました。

幸村の戦法に舌を巻いた伊達政宗は、片倉重長に撤退を命じます。さしもの独眼竜も、真田隊の恐ろしさを身に染みて感じたのでした。

羽曳野市にある誉田八幡宮には、誉田林古戦場址の記念碑があります。道明寺駅からも行くことができますが、最寄り駅は一つ先の古市駅(急行停車)になります。

誉田八幡宮

誉田八幡宮の中にある誉田林古戦場址の記念碑

道明寺の戦いが終了、舞台は最終決戦の場・大坂城へ

午後2時半頃、中河内(現在の八尾市および東大阪市)での八尾・若江の戦いで豊臣軍が敗れたとの報を受けた幸村は、やむを得ず大坂城方向の天王寺へ撤退します。この際、徳川軍は豊臣軍を追撃しようとしますが、伊達政宗は「昨夜からの激闘により将兵はみな疲れている」と追撃に大反対、真田隊を追うことはありませんでした。

追撃してこない徳川軍を見て幸村は「関東軍百万も候へ、男は一人もなく候(関東武者は100万人もいるのに、男は1人もいないのか)」と呟いたと言います。こうして誉田の戦い、そして道明寺の戦いは終わりました。

なお、豊臣軍が陣を構えたという古室山古墳は、道明寺駅の手前、土師ノ里駅(準急停車)の近くにあります。

豊臣軍が陣を構えた古室山古墳。上からは道明寺・誉田が一望できる

真田幸村の最期

翌5月7日、大坂城南側の天王寺口(現:大阪市天王寺区)で天王寺・岡山の戦いが勃発しました。この時、幸村は敵の総大将・徳川家康をあと一歩まで追い詰めますが、茶臼山付近で討ち死にしました。あの徳川家康をして「敵ながら天晴」と言わしめた男は、49年の生涯を閉じたのです。

同日深夜、大坂城落城。大坂夏の陣は終わりを告げ、豊臣家は滅亡し世は名実ともに徳川の天下となりました。

真田幸村が討ち死にした茶臼山付近。現在は天王寺公園になっている。あべのハルカスから撮影

道明寺の戦いツアー

さあ、あなたも道明寺の戦いが行われた大阪府南東部の藤井寺市・柏原市・羽曳野市を散策してみませんか。真田幸村の息吹を感じてから「真田丸」を見ると、一層楽しみが増えるでしょう。

前述の道明寺駅が中心になりますが、小松山(玉手山)や誉田へ歩くにはかなり遠く、特に小松山は起伏が激しいので、動きやすい軽装で行くことをお勧めします。あるいは、泊りがけでノンビリ散策するのがいいかも知れません。

安威川敏樹

安威川敏樹スポーツを中心とするライター

投稿者の過去記事

大阪府在住。作業関連機器の設計から、スポーツを中心としたライター・コラムニストに転身。野球雑誌等に寄稿の他、電子本に野球小説を執筆。野球の独立リーグでの公式記録員の経験あり。野球以外では、ラグビー雑誌にも寄稿。モットーは「文字をオモチャにして遊ぶ」。

PAGE TOP