高知でプロ野球の秋季キャンプと観光・グルメを楽しもう!

秋季キャンプとは?

秋になって日本シリーズが終わると、プロ野球(NPB)はシーズン終了となります。プロ野球ファンにとっては最もつまらない季節ですが、それでもまだ野球を楽しめる場所があります。それが秋季キャンプです。

しかし、2月に行われる春季キャンプと比べると、いささか地味というかあまり知られていません。春季キャンプと秋季キャンプ、どこが違うのでしょうか?

最大の違いは参加メンバーです。選手全員が参加する春季キャンプに対し、秋季キャンプは若手主体となります。長くて過酷なシーズンを終えた後、ベテラン選手にとって何より大切なのは休養であり、猛練習ではありません。一方の若手選手は、練習に専念できる秋は技術を磨く絶好のチャンスなのです。

また、12月から2ヵ月間は完全オフ・シーズンとなるので、秋季キャンプではかなりハードな練習が行われます。少々の怪我をしても回復期間があるため、首脳陣も遠慮なく若手をしごくわけですね。

今回は、阪神タイガースオリックス・バファローズが秋季キャンプを行う高知県にご案内しましょう。

高知市街

阪神の秋季キャンプが行われる安芸市

阪神は安芸(あき)市で秋季キャンプを行います。かつての阪神にとって春季キャンプ地であり、タイガース・タウンの愛称が付きましたが、現在では冬でも暖かい沖縄県宜野座村に春季キャンプ地を移転しました。二軍ではまだ安芸で春季キャンプを行っているものの、寂しくなったのは確かです。

しかし、秋季キャンプ地としては生き残りました。メイン球場の安芸市営球場安芸タイガース球場と名付けられ、安芸市はまだまだタイガースを手放すつもりはありません。昔は「春に行う”あき”キャンプ」などと言われてましたが、今では名実ともに「秋(あき)に行う安芸(あき)キャンプ」です。

かつては阪神の春季キャンプ地であり、現在は秋季キャンプが行われる安芸市営球場

安芸市営球場は周辺全体が練習施設となっており、キャンプ環境としては抜群です。ただ、全体が小山のようになっていて、メイン球場は一番上の方にあるので、登って行くには結構疲れます。

秋季キャンプは若手中心と書きましたが、もちろんレギュラー・クラスも含まれており、大谷翔平(日本ハム)のライバルである藤浪晋太郎投手も今年(2016年)のメンバーに入っています。ブルペンは室内練習場(安芸ドーム)からサブ球場を経て中腹辺りにあり、藤浪はここで投球練習をするわけですね。

小山の中腹辺りにあるブルペン。その奥がサブ球場

今年の阪神秋季キャンプは10月29日(土)~11月16日(水)まで行われ、休日は11月2日(水)、7日(月)、12日(土)の予定です(変更になる場合あり)。

安芸市営球場の最寄り駅は土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の球場前駅です。高知駅からJR土讃線の快速に乗って直通で約1時間です。

オリックスは高知市内で秋季キャンプ

オリックスも高知県内で秋季キャンプを行います。こちらも阪神と同様、かつては高知県での春季キャンプが代名詞でしたが、現在は宮崎市(清武)に移りました。

オリックスが秋季キャンプを行うのは高知市東部野球場で、その名のとおり高知市内なので安芸よりは便利な場所にあります。ただし駅からは遠く、バスの本数も少ないのでタクシーで行った方がいいかも知れません。

今年のオリックスは、ペナントレースはもとより、交流戦、オープン戦、二軍の全てが最下位という、史上初の「完全最下位」。今年から正式に指揮を執った福良淳一監督は忸怩たる思いでしょう。おそらく秋季キャンプは相当なハード・メニューとなるに違いありません。

オリックス秋季キャンプの日程は11月1日(火)~18日(金)まで、休日は4日(金)、9日(水)、14日(月)となっています(変更になる場合あり)。

オリックスの秋季キャンプ地、高知市東部野球場

また、高知市内だけに観光も楽しめます。高知城はりまや橋桂浜など事欠きません。さらに、高知と言えば。秋は戻り鰹の季節、グルメも存分に味わえます。

この秋は観光も兼ねて、秋季キャンプを見に高知へ行ってみてはいかがでしょうか。

復元された朱色のはりまや橋

高知の夜行バス情報

東京発

東京着

大阪発

大阪着

安威川敏樹

安威川敏樹スポーツを中心とするライター

投稿者の過去記事

大阪府在住。作業関連機器の設計から、スポーツを中心としたライター・コラムニストに転身。野球雑誌等に寄稿の他、電子本に野球小説を執筆。野球の独立リーグでの公式記録員の経験あり。野球以外では、ラグビー雑誌にも寄稿。モットーは「文字をオモチャにして遊ぶ」。

PAGE TOP