食欲の秋のドライブ!南大阪ベジタブル・ツアー その2

前回からの続き。

国華園~和泉本店

「奥河内くろまろの郷」から大阪外環状線(国道170号線)に戻り、文化園口交差点を左折します。ここから大阪外環状線は西に針路を変え、関西空港を目指します。

河内長野市を越え、和泉市に入ると、福瀬町東交差点で左折します。そこから見えてくるのが「国華園~和泉本店」です。

「国華園」は、JAとは関係ない私企業。元々は花を販売する会社で、現在でも秋になると「菊花展」が開催され、店舗に入ると菊の花に圧倒されます。今年(2016年)は10月20日~11月23日までの開催予定です。

正面入り口から入れば、いきなり花が販売されています。その奥に行くと、野菜や果物の販売スペースがあります。その広さは圧倒的で、全国から取り寄せた国産の野菜や果物が豊富に揃っています。そこいらの農産物直売所が裸足で逃げ出しそうです。

また、元々は花を売っていた会社だけに、ガーデニング用品が揃っています。農産物を買うだけではなく、花を植えたりガーデニングをしたい方は、この店に限ります。

営業時間は8:30~17:30。定休日はありませんが、年末年始は休みです。また、貝塚市には園芸センターの「二色の浜店」があります。

葉菜の森

「国華園」から大阪外環状線に戻り、福瀬町東交差点を左折して、しばらく車を走らせると大野町北交差点にぶつかります。そこを左折すると見えてくるのが「葉菜の森(はなのもり)」です。

こちらも私企業で「いずみ・ファーマーズ」という会社が経営しており、農産物販売に関しては近くにある「国華園」に決して劣らず、いつも満員です。駐車場に車を停めるのに苦労するぐらいです。

「葉菜の森」は地元産の野菜や果物にこだわり、新鮮で安い農産物を提供してくれます。ちょっとした軽食を楽しめるのも嬉しいですね。

営業時間は9:00~17:00、定休日は木曜日と年末年始です。

道の駅愛彩ランド

「葉菜の森」から大野町北交差点を左折して、大阪外環状線を西へ走ります。和泉市を越えて岸和田市に入り、右手に見えるのが「道の駅愛彩ランド」です。岸和田というと海のイメージがありますが、「愛彩ランド」があるのは海から遠く離れた山の手です。

こちらは道の駅となっており、広大な駐車場を備えています。そして「愛彩ランド」は「JAいずみの」が運営する、農産物直売所です。

地元で採れた野菜や果物が豊富に揃っており、人の波が絶えません。中を歩き回るだけで、ちょっとしたレジャーです。

そして「愛彩ランド」では、地元で採れた野菜を楽しめるレストランもあります。「泉州やさいのビュッフェ&カフェ」では、ビュッフェ・スタイルで泉州の野菜を中心としたランチを楽しめます。大人1250円、小学生800円、幼児500円、3歳未満は無料となっています。

そして、海から離れているとはいえ、さすがに岸和田。農産物直売所にしては珍しく、鮮魚直売店まであります。地元で採れた新鮮な野菜のみならず、獲れたての魚まで味わえるのですから、「愛彩ランド」に行かない手はありません。

「愛彩ランド」の中にある鮮魚直売店

なお、「愛彩ランド」の営業時間は10:00~18:00、「泉州やさいのビュッフェ&カフェ」は11:00~15:00です。定休日は水曜日ですが、もちろんトイレなどの道の駅としての機能は年中無休です。

さあ、大阪外環状線のベジタブル・ツアーへGO!

これで、南大阪を巡る大阪外環状線のベジタブル・ツアーも終了です。いかがでしたか?

野菜価格の高騰に悩む昨今、行楽気分も兼ねて大阪外環状線をドライブしてみませんか?大阪府内でありながら美しい景色を楽しめると共に、新鮮で安い野菜や果物をゲットできると思いますよ。

安威川敏樹

安威川敏樹スポーツを中心とするライター

投稿者の過去記事

大阪府在住。作業関連機器の設計から、スポーツを中心としたライター・コラムニストに転身。野球雑誌等に寄稿の他、電子本に野球小説を執筆。野球の独立リーグでの公式記録員の経験あり。野球以外では、ラグビー雑誌にも寄稿。モットーは「文字をオモチャにして遊ぶ」。

PAGE TOP